食べ過ぎによるNの冷え性被害を注意する

2016-04-06

年末、人々が飲み食いするピーク、単位は年末に集まり、友達は年に集まり、家庭は珍しく会合に集まり、集まり、集まり、家族は集まり、集まり、集まり、集まり、家族と一緒に集まり、家族と一緒に集まり、パーティーには、家族と一緒に集まり、集まっていない……この現象は中国ではとても普遍的で、特にバンケットにバンケット、十中八九にも料理があります.テーブルの上には野菜があって、才能は客で食べて証明することができて;テーブルには野菜があって、才能は主人がけちだと説明することができます!

これは外で食事する時ありふれた事、もその俗語死ぬならメンツを世間体うということわざがある」.料理人の味、量、注文が少なくてもメンツを失うことを恐れて、むしろ少し食べきれないで、しかし心は着実に、これは多数の友人の食事人の心理を.実は、お金を出す人はやはり人にされて、人に、良い料理の良いご飯がなくても捨てて.しかしこの面子心理害人不浅を、多くの人がメンツを食べるよりも重要、特に商売の場の人金不十分で、料理が殘らない商売がない良い談、お客が食べてこのようにして.

最終盲目的に注文し、一方にお金の無駄;一方、あまり意味する皆さんは、もう食べられないので、食べすぎで私たちの健康をエネルギー過剰、油脂の過剰、食塩の過剰な脅威.

注文量に摂食過ぎやすいが、長期的にやって、害が多い!中国民間は“が人気で、多く食べて傷」、飢えない暴食、渇い深酒がない、食べて胃、酒が身を傷つけ(損ね)、良いご飯はいっぱいで、食後莫走って食に高い節、鍛えて高いある常、体と、食事莫太いっぱい、暴飲暴食が病気になりやすい、定時定量保安寧のことわざ.『寿親養老新書』は、年の人、腹がいっぱいにならない .『黄帝内経』亦云:太古の人、その知っている者は、法とは陰陽術、数、飲食が節、寝起きがよく働いて、みだりにないので、神様とともに形.天寿を全うする限りで、百歳は行く度.孔聖者聖者は『論語』で食は無求め.荘子の『外篇』の中で祭飲食は胃をかいで、多く本を読んで飼って胆.明らかである、古人はとっくに発見食事満腹感を健康に害.長期にわたり食べ過ぎて体の危害に対して多く、その中でこの6大害は最も深刻です.

p〉〈時は>初めて<食事しやすく、肥満、長期過度.
長期食べ過ぎて、特にすぎて食事を豪華な食事などの高カロリー食べ物が、摂取エネルギー過剰、一日一字を学べば三百六十字、肥満に.肥満は、多くの代謝性疾患の温床と考えられ、健康被害に大きな害があると言われている.例えば、体がたくさん脂肪脂肪脂肪を増加すると、脂肪が血管に瀋積始めている.また、肥満者は血液中のコレステロール、グリセリン三脂の含有量は相対的に高い、糖尿病、動脈硬化、高血圧、心臓病、脳卒中の発症率が肥満度の増加に従って急激に増加し、統計によると、我が国の心臓病患者の中で太っている者は通常の人間の2 . 5倍、高血圧は肥満者は正常人のさん倍、糖尿病、動脈硬化を患者の平均よんしよ人にさん」

Copyright© 2012-2013 身体を暖かめる!冷え性の改善方法 All Rights Reserved.