赤いナツメの冷え性食用方法益の息をろくつ虚食療の方

2016-08-15

普通の女性は顔色がよくなくて毎日ナツメを食べることができて、1日3つのナツメ、美人は老いてはありません.女性はよく赤いナツメを食べて、しかし良いことを食べます.常に大きいナツメのため食を治療することができ体も弱いし、神経衰弱、好みの不仲や消化不良で、劳伤咳、貧血痩せて、养肝ガン防止機能は特に顕著なので、女性として最も良い毎日数粒食べるナツメ.

p> <いち、ヒステリー性放心、無常泣いて笑って、心は不眠、情緒の変動が大きい者、大きいナツメのじゅうご枚、浮き小麦ごじゅうグラム、甘草じゅうグラム、役に立つ息精神修養、誌の効能を鎮めて定.

服用方法:以上さん薬をきれいに洗って、炒めて煮ましいち時間、甘草後食用.

に、中高年の好みの虚弱、食欲不振、消化不良で、体のだるさ、体がだるくて、大便をする沼などの症状者、大きいナツメのじゅう枚、山芋じゅうグラム、蓮子ひゃくじゅうグラム、米グラム、役に立つ息の健脾臓、補って虚フィットネスの効果.

は、ナツメ、山芋、蓮子を洗浄と米と煮るとおかゆにし、朝晩食べます.

さん,冷え性、肝炎や肺結核後回復期、体も弱いし、疲れて力がなく、大きいナツメの肉500グラム、砂糖の量を補って、益の息の虚の効果.

服用方法:大きいナツメをきれいに洗って核に行って、ぼろぼろになって煮るペースト状、容器に貯蔵して、朝昼晩各服用いちスプーン.

よんしよ、アレルギー疾患(例えばアレルギー性鼻炎、アレルギー喘息、過敏性紫斑、じんましんなど)の補助治療、日服用生の棗ごじゅう~ひゃくグラムあるいはナツメにじゅう~ごじゅう枚、元気をつけるトレーニングジム、抗アレルギーの効果 .

棗は、ナツメを洗浄した後に、アレルギー症状が消えるまで.

p> <ご、慢性疾患や大病の後の体も弱いし、大きいナツメさんじゅうグラム、落花生さんじゅうグラム、羊肉ひゃくグラム調味料を補って、少し、役に立つ息虚血の効果、内臓を強くする.

は、マトンをサイコロ、ピーナツナツメと調味料を入れ、水に適量、とろ火で2時間煮ます、肉食スープ.

ろく、神経衰弱患者、不眠の多い夢を忘れ、動悸、疲れて力がなくて,精神しぼむミンチ者、大きいナツメのにじゅう枚,竜眼の肉じゅうグラム、蓮子ごじゅうグラム、砂糖を少し、内臓を強くする血、益安心神の効果.

服用方法:大きいナツメ、竜眼の肉、蓮子がきれいに洗った後に水の適量、煮爛熟後加砂糖調味、朝晩食用.

Copyright© 2012-2013 身体を暖かめる!冷え性の改善方法 All Rights Reserved.