春は免疫力を高めて、冷え性私たちは何を食べますか

2016-03-23

pは漢方医の角度から言えば、春の飲食は歴代養生家がとても重視することです.この季節は陽気に生まれて、生気に満ちあふれているので、各種の細菌と微生物の繁殖、回復の季節、疾病はとても流行っやすい、合理的な飲食は人体免疫力を高め、疾病発生の予防.

p>少ない酸甘<多くは飲食原則唐の有名な医学の家孙思邈『千金方』にあったとして、春の飲食する省酸甘を増加して、性質を養い.春は少し酸味の食品を食べて、たくさん食べて甘味の食品を食べて、多くの人の好みの人体の好みの息をします.漢方医は、春と五臓の肝臓に対して、かんしゃくが発生しやすいあまり、好みのへの影響を、通常食物の消化吸収を妨げる.甘味が好みの食べ物を、酸味に肝、その性収束、多く食べない春の陽に生えるとかんしゃくの疏泄、またもともと偏盛んなかんしゃくをもっと旺、好みにより大きなダメージ.慢性胃炎、胃潰瘍などの病気で、春が再発しやすい原因の一つです.

甘いものと甘味が完全に同じ漢方医が言う甘い食べ物は、食べ物の食感が少し甘い、更に重要なのは、効果的な好みになる効果があります.これらの食品の中で、まずナツメと山芋と山芋.現代医学研究は、よく山芋やナツメをよく食べ、人体の免疫力を高めることができるとしている.もし、ナツメ、山芋、米、小米と一緒に煮、胃炎、胃潰瘍の再発を予防、インフルエンザなど伝染病の確率を減らして、春には適しています.は大きいナツメと山芋のほか、甘味のある食べ物:米、アワ、もち米、コウリャン、ハトムギ、ササゲ、インゲン、ダイズ、カンラン、ホウレンソウ、ニンジン、裏芋、サツマイモ、ジャガイモ、カボチャ、クロキクラゲ、しいたけ、リュウガン、栗など、それぞれが自分の好みによって选択、一番多くいくつか食べて.また、少なくキュウリ、冬瓜、緑のもやしなど冷たい性の食品で、それらのことを妨げる春の陽に生体内から;多く食べるネギ、ショウガ、ニンニク、ニラ、ネギ等温性食品、から取り除く陰散寒の役割.また、我が国北方北方の大部分地区は春が多く風が乾燥、多くの人が常に喉に痛み、口臭、便秘などのぼせの症状に悩まされている人が多い.適切に多く食べて養陰潤乾燥食品、例えば蜂蜜、梨、バナナ、ユリ、氷砂糖、サトウキビ、大根など、一定の緩和作用.胃潰瘍、胃潰瘍、胆石、肝炎などの疾病が最も再発しやすい季節になります.そのため、上述の疾病の人は食事の上で特に注意するべきです.普段は最高飲む山芋のかゆ、アワのかゆ、サンザシ、ウメの実などの酸性食品は必ず敬して遠ざく.は、胆石と肝炎の人にとって、春の飲食の方面では注意に省酸甘を増加や養陽の原則のほか、は少なく脂っこい食物を防ぐため、肝胆病気の再発.

滋陰潤の乾燥しているレシピ

Pはちみつ大根汁:白大根500グラム、皮を洗って皮をみじん切り、汁にしておく.毎回取ろくじゅうミリリットル大根汁、加入にじゅう―さんじゅうグラムハチミツ溶かして服用して、毎日さん度.蜜の蒸し蒸し

Copyright© 2012-2013 身体を暖かめる!冷え性の改善方法 All Rights Reserved.