寒がり生姜ナ冷え性ツメを試しです

2016-07-13

多くの人はすべてお茶の養生の習慣があって、特にサラリーマン.さまざまな症状、養生茶の配合もそれぞれ違う.もしあなたもこの季節によってお茶を補い、自分もここに来て何項の症状を選ぶ.のぼせて甘草茶具人:甘草じゅうグラム、茶のごグラム、塩はちグラムの方法:この通りの割合は、まず水を沸かし、甘草、お茶、食塩水に煮沸じゅう分ぐらい飲む.効果:のぼせるの歯痛、目、風邪咳などが適用されます.好みのびくびくして冷たく寒くて痛い姜枣リュウガンを飲んで胃涼茶材料:大きいナツメご粒ぐらい、リュウガンご粒、ショウガ半個、クコいち小撮、黒糖適量.作り方:赤いナツメはきれいに洗って、核に行った後に小粒に切る;ショウガは千切りにします;リュウガンは殻に行きます.黒糖の外、すべての材料を入れて小さく煮て水の中に入れて、水を入れてポット4/5カ所、煮て15分後に火を消して.黒砂糖を置いて、飲料のコップを姜枣リュウガン茶する必要がなく、混ぜて飲む.効果:温中散寒、止吐く、回陽通脈、補血正気、特に適好みのびくびくして冷たくて、胃涼しい寒い痛み者.胡安仁寒がりて生姜ナツメを具です:新鮮な生姜さんグラム、赤いナツメの6 – 10枚、リュウガンの6 – 10匹、黒糖適量の方法:いち.新鮮な生姜(経験ある人)さんグラムを薄く切って、水の500ミリリットル、弱火で煮にじゅう分.に. 6 – 10枚入れて赤いナツメ、リュウガンの6 – 10匹,個人によって適量に加入黒糖味、弱火で煮から赤いナツメのサクサク,ナツメ、リュウガン、スープ、毎日寝る前に一度食べて.効果:を補血する効果がある.痰をみて肺を潤すことレモンティー具:フレッシュレモン2 – 3切れ、塩のいちグラムの方法:切って2~3片フレッシュレモンに加え、いちグラムの塩、更に熱いお湯は泡に突き進んで、このお茶は温かい飲み物のうちに、寒くなった味が変わる苦しみ、食前の食後にもよく、胃腸を傷つけない.効果:この茶は、痰を気化し、疲労を軽減し、頭痛を軽減することができます.他にもいくつかの冬のお茶を飲む注意事項:1:空腹飲茶冬胃腸調節機能自体は比較的に弱くなった多くの夏、また空腹飲茶、胃腸がたちまち反応、強めてそれらの負担となり、胃腸の機能の乱れ徹底.二:熱いお茶を飲んではいけないきわめて寒いと,冷え性、みんなで熱いお湯を入れとしても、これは間違っている.お茶自体の効果を弱め、胃と口腔粘膜を刺激し、体によくないです.3:渋茶を飲んでいないで、お茶は大量のものが大量に含んでいるため、お茶を直接刺激して、私達の体、虚弱、消化不良などの症状をもたらします.

Copyright© 2012-2013 身体を暖かめる!冷え性の改善方法 All Rights Reserved.