医学博士の冷え性4対策は徹底的に根絶する

2016-06-24

毎日ちゃんと歯を磨いて、口の中はにおいがおさまらない?治療は、加齢臭、わきがの悪夢は形影相従う?臭臭、口臭は、あさっての影響で災いに影響を与える可能性があります!日本の異臭分野の権威、医学博士の大泉は上手に表示、食は明後日の体の健康に影響を与える異臭の源!

内臓の悲鳴は内臓の悲鳴だったという!

大全上手博士は、すべてのお腹の中のものを食べに、通して代謝が体内で産内に様々な化学変化;不良食品飲食習慣と、からだの代謝異常、内臓が損傷し、においが生じる可能性.

は体内に生成された異臭,血管に入り,分泌物と排泄物、呼吸から体外に出てくる.口臭や体臭、極が損傷の内臓はの流れる警讯
.

中、西洋医学の観点:においの判断法によって、食品の種類が異臭によって違います!西洋医学の科学判断法

西洋医学は、においの特徵、食べ物の種類に従って変化することができます.食品に含まれるたんぱく質、炭水化物、脂肪、ビタミン…など、食物種類の違い、成分含有量は異なっていて、これらの栄養素の代謝方式も異なっているということです.

 たとえばアミノ酸の食べ物を含んで、動物性と脂質の肉が消化しにくい、容易に滯在腸の中、腐敗匂う;腐臭味腸管吸収された後、血液中に再流入、透過大汗腺、小汗腺、皮脂腺と唾液分泌物の排泄などで.

2 .肝がよくないと油臭いがあります!漢方医秘伝の陰陽五行判断法!「陰陽五行思想は,冷え性、5行と内臓、季節は金、水、水、火、土五行に対応するといいます:

 内臓季節匂い金肺、大腸秋の生臭さの味を木肝、胆春油臭い水腎、膀胱冬腐臭味火小腸、心臓夏焦げ臭いにおい士胃、膵臓土用(立春、立夏、立秋、立冬までに約じゅうはち日)の臭い ます;漢方医は、自然風土と季節の交換も、体の機能と密接に関連して、現代人は季節を無視して食べている旬の食べ物の非に反する行為だけではなく、自然から、体もついていけない季節、免疫力の低下と代謝.

このため、総合五行、内臓と季節の三者関係を見れば、類推:

春の場合、非旬の食べ物を食べました、体の機能が低下すると、木対応の肝胆システムが虚弱で、油臭結び火の心臓と小腸に損傷を受ける場合、焦げ臭いにおい….」

Copyright© 2012-2013 身体を暖かめる!冷え性の改善方法 All Rights Reserved.