冷え性を悪化させるの習慣

筋肉の果たす役割の中には、体の熱を作り出すという大切な役割があります。筋肉が生み出す熱によって、温められた血液が全身をめぐり、体温を保っているのです。しかし、女性は男性に比べてもともと筋肉量が少なく、また筋肉がつきにくい体の構造になっています。ですから男性よりも冷えやすくなっています。手術の部位冷え性や範囲によって、起こりやすい合併症や後遺症、そしてその対応方法も異なります。全身麻酔で行う場合には肺炎、冷え性による出血やの感染、細が癒合しない(つかない)などの合併描を起こすこ とがあります。また器哲や組織を切除したことで後遺症が生じることもあります。
緩和ケア
冷え性の役割は、がんに伴う休と心の痛みを和らげること、すなわち「がんによる症状を和らげる」ことです。また、緩和ケアは、患者さん本人や家族が自分らしく過ごせるように支えることを目指すます。 冷え性のつらさだけでなく、心のつらさや栄養生活上野の問題に対しても、社会制度の活用も含めて幅広い支援を行うことも大切な役割です。
「痛みやつらいことは、仕方がないことだ」とあきらめることはありません。つらい気持ちを「人に伝えることが、あなたの苦痛を和らげるための第一歩になります。痛みや、気持ちのつらさや不安があるときには、がん診療連携拠点病院の指定を受けている医療機関は緩和ケアに対応できる機能があり、入院だけでなく外来診療でも対応できるように整備が進められています。

Copyright© 2012-2013 身体を暖かめる!冷え性の改善方法 All Rights Reserved.