何を食べるの冷え性はすぐに咳咳民間の処方のバナナ煮込み氷砂糖

2016-07-27

バナナには胃潰瘍の化学物質が予防され、胃粘膜細胞の生育と繁殖を刺激し、より多くの粘膜を保護して胃を保護することができます.バナナの果柄にコレステロール低下の作用があり.

血清コレステロール高者使用バナナ果柄ごじゅうグラム、切片をきれいに洗って、お湯で突き進んで飲んで、飲10 – 20日さえすれば、コレステロール低減.バナナはコレステロールを下げる作用のほか、咳も治療することができる.あなたはすなわち美味しく効果の良い咳の民間の処方.

漢方医はバナナ性が冷たい味の甘、台灣の民間の経験は発見して,バナナの治療に喉が痛くて、伝統的なやり方はバナナをつけて塩を食べ、1日2~3条を食べて、喉が痛いというまでの効果.でもこれは、感染の熱い性咳にとって、もしは過敏性の細気管支炎や高齢者の肺機能の衰退を引き起こしている慢性気管支炎の寒咳、バナナで塩をまぶした食べ方.

p>を二週間<好転すべき停止.バナナ煮込み氷砂糖はバナナを熟爛破壊蒸し、本来の寒性,リサイクル性は引き分けして、味の甘、入脾臓と肺经を補う中に益の息、肺を潤すことと胃の氷砂糖合煮込み、確かに咳去痰作用を発揮することができるとが、バナナに自分の冷たい性の経蒸煮後役割を果たすことは有限で、食用のがあまりに長い時間で、食べたら一,冷え性、二週間もよくならない最高!.そして、バナナは水で煮た時間、1時間に1時間延長したほうがいい.

氷砂糖とバナナの煮込み

材料:バナナ300グラム、氷砂糖にじゅうグラム.

P作り方:

にはバナナは皮をむき、氷砂糖に適量、水蒸し蒸し.

P健康ヒント

健康提示<

いち、熱を下げて潤の乾燥している、解毒腸に滑って、補う中と胃.

p2、虚弱患者の便秘に適用する.

さん、バナナ性は冷たくて、だからやっと蒸し使用適用脾臓の虚便秘の人.

でも、この道は悪くない民間の処方の便秘に患者の食事療法、バナナを食べて最高の食後、凡是蒸し暑い凝集、口の苦しみの習慣性便秘症状舌の乾燥している患者、バナナを食べて、熱を下げて、清肺、便秘を促す糞便が流暢な作用.糖尿病と心臓病、腎臓病はバナナ、糖分及びカリウムの高を避けるために、糖尿病と心臓病にかかる .

Copyright© 2012-2013 身体を暖かめる!冷え性の改善方法 All Rights Reserved.