何を食べるの冷え性はすぐに咳咳を家で巧治秋の乾燥している

2016-09-18

立秋になって、体質敏感な人は空気が徐々に乾燥していると感じていた.そのころ、秋が燥になりやすい.だから、小編にまとめた何項の食療の民間の処方が巡って乾燥している.

1、生姜茶:

生姜は10枚、茶葉7グラム、1と汁に飲む.発汗には、流行性風邪,冷え性、咳、咳、治療効果があります.

P2、砂糖きび汁粥:

新鮮なサトウキビ500グラム、皮をむいて汁を搾って予備を取って、うるち米ごじゅうグラム、おかゆを後にろくじゅうミリリットルあたり砂糖きび汁煮沸して、更にとろ火に一度、つり合いがとれてすぐ食用.

P3、ハチミツ大根汁:

大根400グラム、洗浄は皮をむいて千切りにし、清潔で紗布袋いい絞り出す汁、毎回取ろくじゅうミリリットルに蜂蜜を飲むスプーン1杯、つり合いがとれて、一日に三回、3 – 5日さえ服.便秘者への効果は、本の便秘者にとっても効果的です.

よんしよ、杏仁煮込みシェリー:

を甘い杏仁じゅうごグラム、皮に行って割って、シドニーいち洗浄皮だけ切片を、同放ボウル、氷砂糖をにじゅうグラム、放水の適量、置鍋煮込みぶり水さんじゅう分で服用して,毎日朝晩の各1回、3 – 5日さえ服.

p> <ご、貝母煮込みシェリー:

をシドニーいちだけはきれいに洗って、横断を核に行った後に入れセンバイモ末ろくグラム、それを二つに割れて閉じ、楊枝で固定、入れて碗の中で氷砂糖をにじゅうグラム、放水の適量、水にあけて煮さんじゅう分、ナシを食べてスープを飲んで、毎日1回、3 – 5日さえ服.

ろく、バイモ氷砂糖汁:

川貝ごグラム研の末、氷砂糖とにじゅうグラムをお椀、加水150ミリリットル水煮込み、久しにじゅう分で、朝晩の各1回,服は3 – 5回.

Copyright© 2012-2013 身体を暖かめる!冷え性の改善方法 All Rights Reserved.