何を食べるの冷え性はすぐに咳咳をするご種

2016-08-01

咳久治愈えないで、チェックしてみて医療法.漢方医は、咳可知証分け寒風と寒気、熱、濡れて、体がびくびく燥火、痰咳ご種.でも、五臓の中でどの部分が咳を起こして、まず病根、それから対症治療することができます .以下は小編集の5種類の違い咳治療法で、咳の悩みのあなた、対照的に見てみましょう!

p心コホン

咳、咳、白痰、咳、咳、白痰.咳の際は伴う息苦しくて、慌てて、胸が痛い、喉の腫れ、声を嗄らし舌先紅など.治宜舒胸精神修養する咳止め、薬用精神修養する丸、鎮咳咳散、純粋な心のスープ.

p肝コホン

咳、少量の黄痰が出るのは咳、少量の黄色痰がある.咳の際に伴う脇の下に痛い、胃の調子が悪いの怒りや食欲不振、大便は固くなる、尿黄、舌の質は赤くて、苔黄.治宜サンのぼせを下げる咳止め、薬用舒肝丸、泻肝丸、黛あさり散、サン咳のスープ.

p脾コホン

咳、咳は白たんと、量が多い.胃が悪いんを伴って、食欲不振、胃袋痛みさえ、かすかに肩、だるい、眩暈、舌の質が薄くて、苔白.治宜益の息の健脾臓が咳を止めて、内臓を強くする薬用丸、归脾丸、淫乱丸、内臓を強くする咳のスープ.

p肺コホン

は咳、咳、白痰、白痰、痰吐き.伴う息苦しくて,息が続かない、息が続かないで喘ぎ、喀血など.治宜宣の肺理气、痰咳止め、薬用宣の肺は丸,冷え性、清肺丸、ドクダミ、宣の肺咳止めスープ合剤.

p腎コホン

咳、咳、白痰、咳、咳、白痰.腰のひざだるい痛みを伴うが、腰背、肢寒くて,尿失禁など.治宜滋養補給の腎臓を補って咳止め、薬用の6種類の地黄丸、麦味、腎臓を補って咳を止める丸スープ.

Copyright© 2012-2013 身体を暖かめる!冷え性の改善方法 All Rights Reserved.