一冷え性人_ななしち

2016-04-11

にそっとの一人、一人静かに過ぎて、一人で静かな夜の空を見て、一人で静かに考え、すべてが,彼にとっては、そんなにの空洞、そんなに味気ないで、そんなにのしようがなくて,やみ夜の中の小さな蛍の光から、徐々にこの人間を飛ぶ、それは自由なの.

孤独な味、人は理解できない、心の寂しさ、人は彼に訴えることができない、人々はすべて世の中は快楽の幸福天国で、永遠に、永遠の国に比べて意義があります.しかし、人間、彼は試してみたの成功、失败を試みたことがあって、甘くて酸っぱくて苦くて悪辣で、すべてのすべてはもう彼を経験した.もうここに何を求めているのか?私は何を要しますか
?お金、私はあるのは、しかし私は気にかけない、私は私に軽蔑して、私はありません.」

友達に、みんなに彼の钱而来、偽り、お金だけは、彼らが素直に対し、お金がなくて、一つ一つに捨てていく.いったいどんな世界があるの?

一人で楽しくて、1人と彼の人がいないで、また何の意味がある.

幸福、自分で探して探す別の半分はまたどこにになりますか?彼は神を責めて、なぜ神は人類が作った別の半分、彼はしきりに追跡して、しかし、人海は茫茫、彼は結局どこに行くことを探して、彼は神は彼が彼に対して彼に対して彼は彼に対して彼は彼に対して彼は彼に対して彼は彼が神に対して.

夜、一人で黙々としていた夜、一人で黙々とした涙、突然、彼は一人の物語、終わった一人の物語、彼はそっと来て,冷え性、そっと歩くようにした.

Copyright© 2012-2013 身体を暖かめる!冷え性の改善方法 All Rights Reserved.