ビールを飲むメリットとデメリットがよくビールを飲みやすく、6種類の冷え性病気になることがあります

2016-07-22

ビールを豊富に含む炭水化物、ビタミン、アミノ酸、無機塩や様々な微量元素などの栄養の成分を液体パン、適量に飲む食欲を増進することができ、消化促進と疲れが一定の効果.しかし近年の医学は発見して、人々は長期的に飲むビール、体に損害をもたらして、専門家はビール病と称します」.

1、ビールの心

は酒類の飲み物の中で、ビールのアルコールの含有量は最少で、ビール1リットルのアルコールの含有量に相当一两多酒のアルコールの含有量が多く、人として暑気を払う飲み物はビールを.しかしもし無制限にみだりに飲んで、体内に蓄積のアルコールが肝機能を増加し、腎臓の負担,冷え性、心筋組織が脂肪細胞浸潤させる機能が引き起こす心筋、頻脈;過度の液体を加えて血液循環量が増えて心臓の負担を増加して、心筋肥厚、心室の体積の拡大ビール心形成.このままでは、心拍数の乱れなども心不全.

に、ビール、適量に適していたと注意して、ビール、適量!

まず適量に.成人毎回飲用量を上回るべきでないことを300 ml(不足1缶量)、一日を超えない500ミリリットル(ビール瓶量)、毎回100-200ミリリットル飲むより適している.

p次は気分が.飲むビールの最も適した温度は12℃- 15℃で、この時に香りと泡はすべて最優秀状態にあるため、飲用時のシャキシャキ感は最も明らかである.なお、かおる食品としての1にはしない.果物とあっさりと料理を食べ、ピーナッツは最高のビールと酒のつまみにする.

pは二、ビールの肚

は、ビールの栄養が豊富、産熱量が大きく、長期にわたり飲むと体内脂肪が蓄積し、布袋腹、ビール腹になります」.コレステロール,血圧上昇につながる.

三、結石と痛風<P>

に関する資料はまだ明らかには、萎縮性胃炎、泌尿係結石などの患者、大量に飲むビールや病状を強め、病気がぶり返す.それは醸造ビールの大麦芽汁に含まれるカルシウム、草酸、烏ヌクレオチドとプリンヌクレオチドなど,それらの相互作用、人体の中の尿酸量の増加1倍多くだけでなく、腎臓結石形成促進胆を誘発することができ、しかも痛風症.

p4、胃腸炎

大量に飲むビール、胃の粘膜に損傷、胃炎や消化性潰瘍、現れ上腹不快感、食欲不振、腹部膨満と留飲などの症状 .

五、ガン

ビールはビールを飲みすぎると人体反応力が低下する.アメリカ癌専門家は、大量にビールを飲む人が口腔がんや食道がんの危険性を飲み過ぎているという危険性が強い酒を飲む人より3倍も高いという.

p六、鉛中毒症

ビール醸造原料中の鉛が含まれて、大量に飲む後、血が鉛、知力は下がり、鈍い、深刻な者は損害生殖システム;老年易致老人性痴呆症.

Copyright© 2012-2013 身体を暖かめる!冷え性の改善方法 All Rights Reserved.